花野屋

日記のようなもの

ローグ・ワン

お題「最近見た映画」

 

ローグ・ワン STAR WARS Story を観た。

 

わかっていることだが、やっぱり、結構きつい話だった。

STAR WARSは、すべて、映画館で観てきているので(年がばれるな)

エピソード4は、オリジナルを観ている。

 

オリジナルを観ている人は、多分覚えていると思うが、対デス・スター戦の

作戦会議の際、女性の評議員と思われる人が

「この設計図の入手には、大きな犠牲が伴いました」

といって、少し黙祷するように目を閉じて俯いたのだ。

このシーンは、今DVDとかで販売されているバージョンには入っていない。

STAR WARSの熱狂的なファンの人が、オリジナルも販売しろと騒ぐのが

わかるようなきがする)

 

ほんの10秒ぐらいのシーンだけど、帝国側の圧倒的な戦力の描写があったので

「ああ、大勢の人が命を失ったんだなぁ」

というのはよくわかった。

 

そこをやるというんだから、そりゃ、観に行きますよ。

結果は、わかりきっているが、いるが、

「えええっ、そうなるの、そこまで、徹底するの」

という最後だった。

そして、最後の最後に、レイア姫登場、年明けにこれを観た人の中には

ここで、泣き出した人もいるだろう。

 

エピソード8以降もあるみたいだけど、生きている間にケリがつきますように

 

 

 

広告を非表示にする